暗闇のスキャナー – フィリップ・K・ディック

投稿者: | 2005年12月28日

暗闇のスキャナー
フィリップ・K・ディック
東京創元社
ISBN:4488696090

ディック連続再読。
いやあ、これは私にはダメだわ。
そもそもドラッグ・カルチャーに共感をいだいたことが全くないので、実のところ読み通すのがけっこう苦行だった。
最後の最後で、救いのない哀しさが真夜中の海のように、奇妙に清冽に充ちてきてびっくりさせられるけれど、そこにたどり着くまで読み続けるに値するほどだったかどうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Buffer this pageでシェア