Firefox 2の「タブを閉じる」ボタン

投稿者: | 2006年10月9日
出来るだけ初期状態に慣れようとは思うのだけれど、Firefox 2 で全てのタブに「タブを閉じる」ボタンがついたことには、どうにしても慣れられない。
違和感があるとか好きではないという程度なら我慢するが、複数のタブを開いていて別のタブをマウスで選択するつもりでうっかり「閉じる」ボタンをクリック してタブを閉じてしまう事故が頻発するので、さすがにこれは慣れるのはあきらめた。Opera歴が長いとかいうなら、すぐに馴染めたかもしれないのだが。
 
about:config を探すと browser.tabs.closeButtons がある。この整数値を2に書き換えると閉じるボタンが消せる。(ちなみに試してみると3では各タブのボタンは消えて、タブバーの端にボタンがひとつだけ出る)。
設定が用意されているなら、オプションにも設定画面を出して欲しいなぁ。

1.5でデフォルトの検索エンジンが Yahoo! に変更になった時に、検索エンジンの並び順をユーザが簡単にカスタマイズできる仕組みがないまま初期値を変えてしまうことは「あまり感心しない」と書い た。2ではこれが出来るようになった。2.xのどこかで、タブを閉じるボタンの制御も設定画面に出して欲しいものだ。
新しく追加された機能は、とりあえず許せる。それまで存在していなかったのだからユーザが大きく混乱することはない。使いこなせるかどうか、存在価値があ るか、というのはまた別の話だから、新しい機能はオプションに出さず、すぐに about:config を覗いたりなんでも userChrome.css に書き込んでみようとするユーザに事実上のテスト運用をさせる、という戦略は悪くない。
でも、すでに存在していたものの初期値を変更する時は、それをユーザが制御出来るように心配りすべきだと思うが。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Buffer this pageでシェア