AVGに乗り換えた

投稿者: | 2007年7月29日

市販品のアンチウィルスソフトを捨てて以来ずっとavast! Home Editionを愛用していたが、AVG Anti-Virus Free Editionに乗り換えた。
avast!は非常に多機能なわりには軽くて良いソフトなのだが、それでも最近(特にWindows Vista公式対応を歌い出した頃から)妙に重くなった。それなりのスペックのマシンでは目立たないが、ちょっと古めのマシンでは時に腹立たしいくらい待たされる。

というわけで、久しぶりに名の知れた個人使用無料のアンチウィルスソフトを幾つか試してみて、老舗の安心感という面もあるが、AVGになった。
AVGの方が機能は少ないが、実のところavast!を使っている時も「そこまでは見張ってくれなくていいよ」と機能を切っていたものが幾つもあるので、どうせなら最初から無い方がマシンの負担も軽い。
avast!よりもAVGの方がより細かく、あるいはより深くチェックをしていないからこそ普段のPC操作の体感が軽い、というだけじゃないか?という話もある、冷静に考えれば。でもまあ、市販品を捨てて以来余計なことはしてくれなくていいんだよ、の方向へ進んできたんだから結局これでいいや、と。

ほとんどのアンチウィルスソフトにはメールを受信時にスキャンしていく機能があるけれど、これも私の環境に限っては必要ない。
EdMaxはデフォルト設定ではHTMLメールを表示しないし、さらに設定を変えるとHTMLタグのみ直に送ってくるメールのHTMLタグを削除してテキストのみにしてしまうことさえ出来るので、たとえウィルスが仕込まれていても自動実行されることはない。
ウィルスの監視が正常に働いていれば、だが、添付ファイルを開こうとしたタイミングで発見されるはずなので、受信時にわざわざ負担をかけてスキャンする意味がない。
とまあそんなふうに、アレもコレも実は必要ないとはずしていくと、本当に基本的な機能だけでいい。
というか、私の環境に限ったことではなく、本当はもっと機能が絞られていてもいいはずなんだがなぁと思ったりもする。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Buffer this pageでシェア
カテゴリー: soft