パームサイズPC使ったことあるけど理由が思い出せない

投稿者: | 2011年9月11日

先日突然思い出した。「そういえば昔々、パームサイズPC使ったことあるわ」

未だにiPhoneとかiPadを(個人用途としては)すすんで購入しようとしない自分をなんとなく第三者的な冷ややかな目で眺めつつ、結局こいつ歳を取って新しいものを試す気力をなくしたのかな、とか、そもそもそういうものに関心がないのかな、など思っていたのだが、ちょっとそれは違ったみたいだ。

Palm-size PC [CASSIOPEIA E-65]

これを購入して、実際に使っていた時期があった。
製品仕様などあらためて眺めるといろいろな意味で懐かし過ぎる。
※というか、未だにちゃんとサイトに情報を残しているカシオもすごいというか偉いなと思ったりした。

とりあえずこれを日常的に使っていた時期が、実際あった。携帯電話につないでメールチェックなんかを実際にしていた記憶がはっきりある。

メールチェックをしていたということは自分はすでにインターネットプロバイダーと契約していたはずで、ということはほぼ間違いなくすでにPCを所有していたはず。

しかも一番最初に購入したのはノートPCで、ノートPC一台とデスクトップ一台が共存していた時期も長かったはずなので、PCはあって、そしてこのパームサイズPCを使っていたということになる。
このへんから、すごく記憶が曖昧になる。
どういうタイミングで、なぜパームサイズPCを購入しようと思い立ったのか、思い出せない。
購入してすぐノートPCを抱えて通勤するようになり、会社でも家でもノートPCを使いまくっていた、という記憶ははっきりしている。じゃあなぜCASSIOPEIAをわざわざ購入したんだろう?

…。

ということで、実はこの話には結論が全然ない。
ここまで書いてきたように「あの時自分はなぜそれを購入したのか」ということをなんとか思い出そうとここしばらく頭をひねってきたのだけれど、ちっとも思い出せない。
思い出せたら「これこれの必然性が生まれれば自分はまたさっさと携帯PCデバイスを購入するかもしれない」的なことを格好をつけて書こうと思っていたのだけれど、思い出せないので、そういうことは全然書けない。
 仕方がないから、思い出せないままだたそういうことがあったと書いておくことにしたってだけの傍迷惑な記事。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Buffer this pageでシェア