ツールに凝り始める時

導入するツールやタスク管理の工夫そのものが、直面している問題を解決してくれるわけではない。
でも、それが役に立っているような気がしたり、ただ楽しかったりすることがあったりするので、案外危険。

最近の夢:隔絶したビルと乾燥した庭

多分、この「夢」カテゴリーの話は誰も興味をもっていない、そもそも興味を持てない、と思うけれど、まあ、自分のちょっとしたメモなので放っておいてください。 昔から自分の夢が自分で大好き、という変なやつなんで。 階段では辿りつ… 続きを読む »

『ブギーポップシリーズ』:くり返し読む本

[くり返し読む本]はヨーロッパの歴史にからんだのものばかり続けてきたので、ここらでちょっと取り上げるものを変えてみる。 人によっては失笑して脱力するかもしれないが、いわゆるライトノベルだ。 しかも、ライトノベルとしては、… 続きを読む »

INC総会、久しぶりにやってみたりします

どうも。 ほんとにやるらしいんですよ、INC復活祭2015。 INC総会何年ぶりですかね。 なんか某氏と別件で話していたら流れでやることになりまして。 懐かしのルノアール新宿区役所横店のマイスペースで19:00から顔合わ… 続きを読む »

『ガリア戦記』:くり返し読む本

カエサルの『ガリア戦記』は名作だとは思う。 しかし読み返すたびに、カエサルはあれだけ戦争をしまくり、元老院との政治的な駆け引きも行いながら、本当にこんなに整った作品を書けたのか? と思う。 研究では各章が実際に書かれたと… 続きを読む »

『中世のパン』:くり返し読む本

『ヨーロッパの紋章』などもその傾向があるが、淡々と詳細な事実を積み重ねて紹介していくたぐいの本が好きで、この本もその類。当時の資料を一生懸命掘り出しながら延々とパンをめぐるあらゆることについて述べてある。 中世のパン 残… 続きを読む »

『ヨーロッパの紋章』:くり返し読む本

気持ちが疲れて擦り切れたような気分になってくると、よくこの本を抱えてベッドに入る。 内容はそのものずばり、ヨーロッパの紋章についてひたすら解説してくれるもので、研究者ではない素人が読みこなせる程度もので、かつ内容が正確な… 続きを読む »

最近夢を見ない

最近夢を見ない。 夢を見ないと薄っぺらでつまらない人間になったような気がする。 夢は必ず見ていて、起きた時覚えていないだけだそうだから、夢を覚えていない、というのが正しいのかもしれないけれど、どうもなじまないのでやっぱり… 続きを読む »

『中世の秋』:くり返し読む本

習慣的にほとんど常に本を読んでいるけれど、比較的しばしば、昔読んだ本を読み返す方だと思う。 「愛読書」という言葉にはちょっと違和感があるが、多分くり返し読み返している本というのはそれに当たるんだろうし、なんらか自分の好み… 続きを読む »