痛いと言うため専用のTwitterアカウントを作った

投稿者: | 2013年10月21日

「痛い」と言うため専用のTwitterアカウントを作った。

痛くて泣けますセンター(INC)

朝からずっと肩が痛むわけだがいつもいつも痛いという言葉を聞かされるのもうんざりな人々も多かろうと我慢するわけだが痛いものは痛いし言いたくなるものなので専用のTwitterアカウントとか作ってそこで思う存分ふざけ半分に言いまくればいいじゃないかな、とか思いついた。

というツイートをして、その通り実際に作ってみた。

ここしばらく一番ひどいのは右肩の痛み。
基本的には五十肩なのだけれど、通常の期間をはるかにこえて炎症をおこしていたためひどいことになっている。
調子が悪いとただなにもしないでいるだけでも、肩関節の中心から前面にかけてズキズキし続けるし、夜どうしても痛くない体勢を見つけることが出来なくてとぎれとぎれにしか眠れないこともある。
そこまでひどくない時期でも、うっかり腕を素早く動かすと激痛でしゃがみこんでしまうので、たとえば、右手に持っていたものを取り落としそうになった時は、あえてそのままボトッと落としてしまうことにしているくらい。というか、最近はそもそも持ちにくそうなものは右手では持たない。
右腕は後ろへもほとんど回せないので、服を着替える時も慎重にゆっくり。
ジーンズの右の尻ポケットに入れたものを、ひどい痛みを感じずに取り出すことが出来ない。

まあ、五十肩は時間はかかるにしても、いずれは痛みはとれる。
しかし、その他に、腰の痛みと、中学生の時からずっとつきあっているひどい神経痛もあるので、この痛いと言うため専用Twitterアカウントは、当分いらなくなることはないと思う。残念ながら。

というわけで、自分もいろいろと痛みに悩まされているという方はぜひフォローして、お互い気兼ねなく一日中でも「痛い」と言い合いましょう。
言いまくると、少しは気が晴れます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Buffer this pageでシェア