書店業界のあれこれ」カテゴリーアーカイブ

チーム力維持のための「余裕」について

余裕という言葉は近年の日本ではだんだんと悪い意味合いで使われることが多くなってきている。少なくともビジネスの現場では「おや、余裕だね」と非難や揶揄のニュアンスで使われることが圧倒的に多い。余裕があるということは、悪いこと… 続きを読む »

増刊:「頭が悪い」という言葉について

これまでのこの「書店業界のあれこれ」で(実際にはそれ以外の部分でも)私はしばしば「頭が悪い」という言葉を使っていますが、誤解を招く可能性もあるので、一応私のつもりではこういう意味である、ということを書いておきます。簡単に… 続きを読む »

書店人はどうしてまともな仕事が出来ないのか さらに続き

書店人は常に過剰な負担にさらされており、とにかく絶対的に時間が不足している、ということを前回はお話ししました。今回は精神面での負担です。 まず、時間が不足しているために常に追いかけられるように働き続けていることから来る非… 続きを読む »

書店人はどうしてまともな仕事が出来ないのか 続き

あまりにアイテム数が多すぎる上に、それらの組み合わせのバランスなどを含めて一品一品に配慮するのが本来の書店人の仕事であるため、書店人は常に過剰な負担にさらされている、ということを前回はお話しした。過剰な負担は、時間という… 続きを読む »