くり返し読む本」タグアーカイブ

ギボンの『ローマ帝国衰亡史』を読み返す

早朝5時頃に目が覚めてしまったので、一旦起きる。 ちょっとした雑用をし、軽い筋肉トレーニングをして、シャワーを浴びる。 軽くシリアルだけの朝食を取り、結局もう一度ベッドにもぐって少し眠り直す。 ギボンの『ローマ帝国衰亡史… 続きを読む »

『ブギーポップシリーズ』:くり返し読む本

[くり返し読む本]はヨーロッパの歴史にからんだのものばかり続けてきたので、ここらでちょっと取り上げるものを変えてみる。 人によっては失笑して脱力するかもしれないが、いわゆるライトノベルだ。 しかも、ライトノベルとしては、… 続きを読む »

『中世への旅 農民戦争と傭兵』:くり返し読む本

ランツクネヒトという中世ドイツの傭兵の姿は興味深い。中世が実のところ終わろうとしていたからこそ彼らの存在が生まれ、そして、時代の流れとともに彼らランツクネヒトも行き場を失っていくその有様は、時代が大きく変化する時何が起こ… 続きを読む »

『ヨーロッパの紋章』:くり返し読む本

気持ちが疲れて擦り切れたような気分になってくると、よくこの本を抱えてベッドに入る。 内容はそのものずばり、ヨーロッパの紋章についてひたすら解説してくれるもので、研究者ではない素人が読みこなせる程度もので、かつ内容が正確な… 続きを読む »