床屋で昔話

どちらかというと、カタカナや横文字風ではなく昔からずっとやっている、床屋、という感じのところが好き。 結果として店主は私よりもちょっと歳上だったりすることが多く、場合によると親も同じ仕事だったという人もいたりする。そこで… 続きを読む »

樹が好きだが樹のことを知らない

まあみなさん桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜…と言っているわけですが、この時期になるとね。 樹が大変好きで、せめていつも樹を見ていられるように自宅のPCのデスクトップはこんな感じのものを複数、とっかえひっかえしたりしている。… 続きを読む »

世界進出を果たすと気持ちが離れる

プライベートでも仕事でもどうにもいろいろ忙しい。だから結論めいたものを出すところまで書く余裕もないけれど、まあちょっと、日頃「なぜかなぁ」と思っていることを、ただ、書いておく。 ◆世界進出を果たすと気持ちが離れる Per… 続きを読む »

60歳になってみた

3月7日に60歳に…なってみた。 60歳になった、とか、とうとう60歳になってしまった、とか、まあいろいろ言い方はあり、すくなくとも「なってみた」は変だろうとは思う。 60歳になることを自分の力で拒むことも出来ないし、な… 続きを読む »

時々情報インプットを減らす

思い立った時、できるだけ情報のインプットを減らすようにしている。 昔はがむしゃらに情報をとにかく多く受け入れて、毎日それを消化することを自分なりの日課としていたような気がする。 疲れていても、眠くても、とにかく毎日収集し… 続きを読む »

光が好き

なんだか歳をとったら、光が好きになった。 まあ特別なことではない。なんらかの障害を抱えていて光が苦手という人もいるだろうけれど、光が大嫌いだったり、明るい場所が大嫌いだったりする人は、そんなには多くないとは思う。 でも最… 続きを読む »

さよなら神経痛

中学生の頃からずっとひどい神経痛と一緒に暮らしてきたが、最近はほとんど痛まない。 人の体は変わっていくということを歳を取りながら実感していくが、さすがにこれほどひどい「神経痛持ち」として生きてきて、いつかそれが去っていく… 続きを読む »

チェシャ猫の笑み

おそらく日本人の100人中99.5人くらいは同意してくれないと思うけれど、ニカッと笑った時の宮崎あおいってチェシャ猫に似てるよね。 ……うん、だれもそうは思わないだろうなとは思っていますけどね。 なんだか私はニカっと系の… 続きを読む »